2012年11月10日

また会えたね!

セミナーの後は、お楽しみ!
「フェルメール 光の王国展」へ。

そう、つい先日、神戸市立博物館の「マウリッツハイス美術館展」で
会って来たばかりの《真珠の耳飾りの少女》。
彼女の瞳が忘れられず、今度はそごう広島店へ。

え?神戸で会ったのに?
実はこちらはれっきとした「リ・クリエイト作品」。
最新技術で忠実に再制作されたもの。
確かに、あまりにもきれいで・・・

でも、フェルメールが描いたであろう色彩を実現した技術には脱帽。
複製画と知っていながら、感動してしまう。

さらに、キャンバスに描かれたメタファーの説明、
ラピスラズリなどの色の説明、
フェルメールの遠近法の説明、
描かれた時代背景などが分かりやすく紹介してあって
興味深く鑑賞できましたね〜。
見応えあり、でした。

再現された少女、いかがでしょうか???

2012-11-10 15.58.10.jpg
posted by koto at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。